大隈庭園と演劇博物館

久しぶりに大学キャンパスを訪問。コロナ禍以来、
すっかり足が遠くなっていたので、ちょっとした
ワクワク感がありました。目的は、早稲田大学
大隈庭園及び演劇博物館。どちらも構内にあって、
一般に開放されてます。でも、その前に、大学の
シンボル、大隈講堂に寄り道を。


DSC07059.JPG
       1927(昭2)年完成の講堂


DSC07113.JPG

DSC07060.JPG
 大隈重信の没後に、記念事業として建設
 されました。ゴシック様式で、演劇にも
 使えることが、設計の条件だったとか。


DSC07067.JPG
DSC07069.JPG
 大隈庭園の入口にある、レトロな木造建築。
 出窓に、マスコットキャラ・早稲田ベアが。


DSC07070.JPG
 この旧大隈邸守衛詰所(明治35年)は、
 大学キャンパス内に残る最古の建物です。


DSC07091.JPG
 庭園は園児らの声で賑やかでした。


DSC07080.JPG

DSC07086.JPG
 空襲で焼失した旧大隈邸。その庭園だった
 所が、今の大隈庭園です。園児らが楽しく
 遊んでるのは、旧大隈邸の沓脱石でして…。


DSC07079.JPG
 緑とサツキの美しい季節ですね。


DSC07095.JPG

DSC07098.JPG
 大名庭園だった庭を、大隈重信が小川
 芝生のある明治風庭園に改めたそうです。


DSC07073.JPG
 タイサンボクの花が見事でした。


DSC07115.JPG

DSC07179.JPG
 次に、演劇博物館へ。1928(昭3)年の
 この建物は、エリザベス朝(16C)英国に
 あった劇場・フォーチュン座がモデルです。


DSC07126.JPG
 舞台正面のラテン語は、シェイクスピア
 「この世はすべて舞台」という台詞だとか。


DSC07178.JPG
       正面が舞台、両翼は桟敷席のイメージ。


DSC07155.JPG

DSC07138.JPG
 重厚な感じの館内。1階廊下は撮影可能。


DSC07154.JPG

DSC07130.JPG
 柱の装飾は、ギリシア劇の仮面でしょうか。


DSC07160.JPG
 坪内逍遥記念室は、天井のみ撮影可です。
 見事な漆喰細工に、思わず見惚れますね。


DSC07164.JPG

DSC07173.JPG
 職人の技が素晴らしい。逍遥の干支
 因んだの装飾などが施されてました。


DSC07177.JPG
 早大教授だった坪内逍遥。この博物館は、
 彼の古希の祝いと、シェイクスピア全集
 の完訳を記念して開設されたものです。


DSC07183.JPG
       最後に、大隈重信さんに御挨拶申し
       上げて、キャンパスを後にしました。
         *    *    *
     調べてみたら、早大訪問は9年振りの事です。
     でも、キャンパスの印象に変化はありません。
     唯一変ってたのは、演劇博物館のすぐ近くに、
     村上春樹ライブラリーという新施設ができて
     いた事くらいでしょうか。日々変化の激しい
     東京の街中で、歴史を偲べる空間が残ってる
     のは、貴重な事かも知れませんね。


この記事へのコメント

2022年06月02日 00:42
東西線の早稲田駅には二回行ってるんですが、時間が無くて、この光景を見る事が出来ませんでした。
下調べはしてたんですけどね。(^^ゞ
大隈講堂、素晴らしいですね。
それに、庭園。
やっぱり、イイなぁ~
二回も早稲田に行って大学の近くまで行ったんですけど寄れなかったんです。
この写真を見てたら、溜息が、一杯出てしまいます。(^^ゞ

園児が遊んでるのが微笑ましくってイイですね。
コロナや戦争やら悲惨な事を全て忘れさせてくれます。(^^)

タイサンボクの花、ホンマ見事や!
タイサンボクの花を撮る時って、頭上で咲いてるから、こんな風には撮れないんですよ。
これって、低い位置に咲いていたんですか?

演劇博物館も素晴らしい。
「この世はすべて舞台」…
さすが、シェイクスピアはエエ事言いますね。(^^ゞ
2022年06月02日 00:50
都の西北、早稲田の森ですね。
こんな見事な庭園を大学の物だけとせず一般に公開しているなんて
素晴らしいことですね。
沓脱石の上で遊んでいるかわゆい子供たちのなんと無邪気な後ろ姿なのでしょうか♡♡♡
演劇博物館は見事な経緯築物ですね?
レトロだけれどモダンで。
明治以降、数々の演劇人がここの舞台を踏んだのでしょうね。
2022年06月02日 02:47
僕は大学は、千葉の沼南町に2年間、東京の九段や靖国神社のそばに2年間通っていたのですが、もっともっと現役のときにあれこれ見ておくんだったなあ、という気になりますが、若気の至りで、あまり丹念に見ませんでした。今再訪して見るのも面白そうですね。

 早稲田方面は訪れたことがなく、知らない土地なのですが、こうしてあれこれ紹介していただけるのはありがたい事です。

 学生でもないとなかなか大学にも行きませんし、学生や関係者でもないと入りにくいというところも多いのでしょうが、だれでも見られるというのはありがたいですね。
2022年06月02日 03:26
おはようございます。
先輩が早稲田卒業で、近くのすし屋さんによく連れて行ってもらいました学校はよく知ってましゅが、先輩はここで詳しくは話してくれませんでした
坪内逍遥で縁続きの元大映俳優だった「坪内ミキ子」さんを思い出しました
多くの有名人を輩出した、早稲田の違う一面を見れてうれしいでしゅ
ナイス・!・・・☆
2022年06月02日 04:49
日にちは忘れましたが先日大隈講堂の番組をやっていました。何やら道の正面に入り口がないのは何故かとか?感心してみていました。
2022年06月02日 05:38
東京も新型コロナ感染者数が徐々に減少し、
落ち着きを取り戻したようですね。
9年振りの訪問ということで、その間に色々な事があったのに
キャンパスはほとんど変わっていないとは・・・
大都会の街中と歴史を残す空間の対比が印象的でした。
2022年06月02日 05:39
素晴らしい写真と初夏のお庭。
子どもたちが 遊んでいる図、微笑ましいです。

大名屋敷が存在していて、その結果 東京には、素晴らしい庭園や建物が存在する。やはり、歴史の重さ、深さを感じます。

早稲田は我が家にはあまり関係が有りませんが、知人には 多くの縁者が居ます。それだけ、多くの逸材を出して居る大学ということでしょう。

海外でも多くのツワモノに出会いました。その多くの方が早稲田出身!破天荒で冒険好きが多かったような?

その点、国立大出は「 石橋を叩いて渡る 」ような方が多い!

大学によって かなりカラーが異なりますね。
それが校風?そういう人が集まるのか?(昔ほど そういう傾向あり。)
winga
2022年06月02日 06:35
おはようございます。
素敵です!落ち着いた色合いの博物館。
早稲田ベアが超可愛い。
お大名風よりも明治風がナウい庭園。
子供たちは駆けっこ出来ていいですね。
博物館など、今じゃとっても浪漫チック。
細部まで丁寧さが伺えてもうほんと素敵。
府中に住んで感じたことがあります。
東京って結構歴史的建物が残されて整備されて大事に扱われていることと、
とっても緑が多いこと。
遠く京都からは「最先端の街」ってイメージが強かったんです。
好きです、江戸。
berumoon
2022年06月02日 07:27
最近は大学という存在ですら忘れているような気がしました。
このようにキャンバス内での庭園や博物館の公開はありがたいと思います。
また早稲田大学、東京大学もそうですが、建物がやはり素晴らしいですね。
大切にしていきたい歴史の一ページですね。
2022年06月02日 07:30
おはようございます。
綺麗な庭園ですね、のんびりと散歩するといいですね。
緑とサツキの花も美しいです。その中で遊ぶ子供たちの姿も
ほほえましいです。憩いの場所ですね。タイサンボクの花が
綺麗ですね。
2022年06月02日 07:31
庭園で長閑に子供が遊ぶ姿っていいですね。
世界中でこうあるべきですよね。
演劇博物館内部の写真にグッとくるな~。歴史の重みを感じるというのかな。
こういう写真見せられちゃうとどこか行きたくなっちゃうんですよ。
2022年06月02日 07:54
おはようございます
大学が内部を一般に公開する
のは良いですね子供たちが
楽し気に遊んでますねー
村上春樹、ニュースで遣ってました
先日薬大庭園行ってきました
信徳
2022年06月02日 08:23
この時期タイサンボクが見られます。大きな木で白い花が咲いていますが
高所だとか向きが悪くて中々良い形で見れません。
良い花が撮れましたね、何か建物とマッチしていて良いアクセントになっています。
2022年06月02日 08:53
こんなに 素晴らしい 建物 庭園が 一般人でも
気軽に楽しめるなんて 歴史ある大学の 貫禄を感じます。
大隈重信さんも 大満足なさっているでしょうね。
旧大隈邸守衛詰所は オシャレで可愛くて 絵本の一ページの
挿絵を見ているようです。素敵です。
2022年06月02日 09:07
父型 母方二人の従兄が卒業した早稲田
こんな素敵な場所が一般公開されていると知っていれば
案内してもらうのでした
緑一杯の中に古き良き時代の建物
中の装飾も素晴らしい 
良い物を見せて頂きました
2022年06月02日 09:48
早稲田にお出かけでしたか。
むかぁし、早稲田=上野広小路の都電がある頃は
よく出かけてましたのに。途中の石切橋に住んでました(^o^)丿
早稲田ベア?知りませんでした。
以前はベアの縫いぐるみが好きで2階に上がる壁にいっぱい並んでます。
庭園が開放されてるんですね。
園児ちゃんたちの後ろの日よけ付きの帽子が可愛いです。
サツキが萌えていますね。
タイサンボクの花~お見事ぉ~です。白く輝いてますね。
演劇博物館は英国のフォーチュン座がモデルなんですね。
『この世はすべて舞台」深い言葉です。
1階廊下の照明、レトロ感満載ですね~
坪内逍遥記念室の天井のみ撮影可???
漆喰の見事な細工、お花ですかね~
漆喰ってなんか~見惚れてしまいますよね(*^-゚)⌒☆
なんだか、この記事をみて出かけて見たくなりました。
でかけたのは基督教大くらいですから(^o^)丿
2022年06月02日 10:22
よく行ってた場所でも
久しぶりだとワクワク感がありますよね!
何度かご紹介いただいていると思いますが
旧大隈邸の沓脱石~
いつも子どもが遊んでいたり
誰かが腰かけていたりで
この石の画像が一番印象に残っています(^^♪
タイサンボクが咲いていましたか~
もうそんな季節なんですね!
カメさん
2022年06月02日 11:39
早稲田大学の構内は解放されているのですか。
写真を拝見すると小さな子供連れの家族が、
楽しそうに遊んでいて良いですね。
此処なら安全で親御さんも安心ですね。
秋月夕香
2022年06月02日 14:21
こんにちは。いつもご訪問ありがとうございます。
大学にそのような施設があるのがいいですね。さすが都会です。
以前私が住んでいたところは教育大学ができて、キャンバスに朗読などありいきましたが、今の場所では遠方しかありませんので・・。今の場所では外語大学も移転して近くにはありません。
以前英会話に行っていた時は、生徒たちで外大の前にたち
色んな勧誘をしていました。そこで先生も誘われてgetされトーマス先生にも個人教授をしていただいていました。
今では遠い思い出です。
泰山木も見事ですね。
それに演劇博物館もすごいですね。天井に色々芸術的な彫刻が彫られているのは西洋的な雰囲気です。の日本でいえば
天井にたくさんの絵がほどこされているのと同じでしょうか。
コスモス
2022年06月02日 14:55
都心でもこういう所があるのはいいですね
数日前大隈重信が佐賀出身と聞いて、
佐賀県生まれの夫が知らなかったと言っていました。
大学の構内は出入りできるところが多いようですが、
いろいろな建物があり、美しい庭園があり
今の時期我々カメラマンには嬉しいところですね。
yoppy702さんへ。
2022年06月02日 15:16
近くにいらしてたのに残念でしたね。
早稲田大学のベストシーズンは、イチョウ並木の
黄葉する秋だと思います。大隈庭園の
紅葉も見事なものですよ。ぜひ今度また
いらして下さい。大隈庭園は、広い芝生があるので、
園児たちにとっては、楽園だったんじゃ
無いでしょうか。大学の構内で、園児が自由に
遊べるなんていいですね。そういう開放的な空気も、
この大学の一つの特徴なのかも知れません。
タイサンボクは、剪定してまだ日が浅いんで
しょうか、驚くほど低い所で花が咲いてて
くれたので、とても助かりました。
演劇博物館の建物は、外観も内装も魅力的です。
こういう建物に出合うと、カメラ心を誘われますね。
あっこちゃんへ。
2022年06月02日 15:27
都の西北、早稲田の森は緑がまぶしい
くらいでした。非常に開放的な性格は、
この大学の大きな特徴でもあると思います。
それにしても、大学構内で、園児たちが
大声をあげて走り回ったり、遊んだりしてる
なんて、自由で楽しい光景ですね。
演劇博物館も無料で、一般に開放されてます。
10万点の所蔵品も貴重なんですが、
建物自体のレトロな雰囲気も魅力ですね。
ここの野外舞台、実際に演劇やコンサートに
使われることもあったそうですよ。
2022年06月02日 15:28
こんな歴史的な建物がたくさん残っている大学キャンパスを公開されているのはいいですね。
訪れた人たちはyasuhikoさんのようにしっかり歴史や建物、装飾を味わってほしいですね。学生さんにも?
私も大昔友人に誘われて早稲田祭の大隈講堂?でのコンサートを聞きに行ったことがあるのですが、気にも留めなかったです。
広々としたお庭があるんですね。沓脱石で遊ぶ園児たちを大隈重信さんは微笑みながら見てるのでしょうか。
昨年の大河ドラマで少しイメージが変わってしまいましたが。。。
東京には大名屋敷の名残があちこちにあるとか。
ここも屋敷跡なんですね。
なおさんへ。
2022年06月02日 15:45
私も、学生時代には、東京の歴史をよく
知ろうなんて、思ったことも無かったですね。
でも、最近は、歴史的な建物が見られる
大学のキャンパス巡りが大好きになりました。
東京ほど変化の激しい街はないですけど、
大学キャンパスは、いつ訪れても、不思議なほど
変わって無いですね。特に歴史のある学校は、
古いものを大切にしてくれているので、
大変有り難い気がします。部外者お断りという
大学もありますが、早稲田や東大のように、
非常にオープンな大学もあるのは、嬉しい限りです。
デミさんへ。
2022年06月02日 15:57
早稲田出身の方たちとは、私も
現役時代に接する機会が多かったように
思います。自由闊達な気質で、大雑把な方が
多かったように思うのは、大学の校風と
いうものでしょうか。それにしても、
大学構内で、園児たちが自由に走り回ったり、
遊んだりできるなんて、自由で平和な光景ですね。
演劇博物館は入場無料。それも早稲田らしさでしょうか。
もにかとならさんへ。
2022年06月02日 16:17
大隈講堂は早稲田大学のシンボル。
やっぱり、とても魅力的な建物ですね。
こうした歴史的な建物や庭園をもっていながら、
現役の施設として一般に広く開放してる
ところが、早稲田の懐の深さでしょうか。
ケペルさんへ。
2022年06月02日 16:32
コロナの勢いも少し収まって、
以前に比べると動きやすくなったのは、
有難いですね。以前は、大学キャンパス巡りを
よくやってたんですが、それも久しく
出来なくなって…。でも、大学は変りませんね。
早稲田のような歴史ある大学は、古いものを
大切にしているから、街歩きが趣味の
私のような人間にとっては有難い限りです。
大隈庭園、この季節は木々の緑が
目に沁みるようでした。
ハイジママさんへ。
2022年06月02日 16:57
大隈庭園、緑が眩しいくらいでした。
それにしても、大学構内で、園児たちが
自由に走り回ったり、遊んだりする光景が
見られるなんて、平和でいいですね。
数ある東京の大学の中で、キャンパスの自由度と
いう点では、早稲田と東大が双璧でしょうか。
古い建物が好きな私には、とても嬉しい点で…。
演劇博物館も入場無料。大学の度量の
大きさが感じられるようです。確かに、
早稲田出身の方は、自由闊達で、細かいことに
気を遣わない方が多いように、私も感じてました。
それも、校風の影響なのかも知れませんね。
wingaさんへ。
2022年06月02日 17:08
演劇博物館の建物、私も大好きです。
この野外舞台で、実際に演劇やコンサートが
開催されたこともあったとか。それも、
この建物自体の魅力があればこそでしょう。
収蔵品や映像資料は撮影不可ですが、
この建物だけでも、一見の価値がありますね。
大学のキャンパスは、こうした古い建物を
大切にしてるから、有難いと思います。
早稲田ベア、早稲田の学風に似合ってるかも。
緑眩しい大隈庭園で遊ぶ園児たちの姿は、
平和そのもので、微笑ましい気持ちになりました。
2022年06月02日 17:09
こんにちは。
早稲田大学へは9年ぶりでしたか。
やはり この時代の建物好きですね~
外観は直線で決めてるけど 中は細かい装飾があったり 
とても手の込んだ作りがとても好きです。
早稲田ベアが今も守衛さんしてくれてるんですね(笑)
守衛詰所だけでも この作り。
ずっとずっと保存されてて欲しいですね。
「緑とサツキの美しい季節ですね。」の文章の次の縦写真
とてもいいですね~。
手前の鮮やかなサツキの向こうにそびえ立つ講堂。
そして その次の写真!
光が上手い具合に散りばめられて かすんで見えるような 緑と光の不思議な様子 これがすごく好きです。
坪内逍遥記念室の天井の動物たち。
逍遥さんはひつじ年でしたか。
私もひつじ年です(笑)
鳥も見えますが どなたかが酉年なんですかね。
キャンパス内の様子はほぼ昔のままに近いんでしょうね。
このままであり続けて欲しいですね。
気持ちの良い散策でしたね。
berumoonさんへ。
2022年06月02日 17:15
この2年間は、部外者がキャンパスに
入れない大学も多くありましたから、
久しぶりに大学訪問できて嬉しかったです。
日々変化の激しい東京の街中にあって、
大学のキャンパスは古い建物の一大宝庫。
大隈庭園にしても、演劇博物館にしても、
広く一般に開放してくれてるのは、
本当に嬉しい話ですね。
ゴンマックさんへ。
2022年06月02日 17:23
大隈庭園は、ちょうどサツキが見頃を迎え、
緑の木々と調和した風景を見せてくれました。
大学のキャンパス内にありながら、
一般にも開放されているのは嬉しい話ですね。
それにしても、園児たちが、自由に芝生を
走り回り、のびのび遊んでる様子は
平和そのもの。こんな微笑ましい風景が
見られるというのも、自由度の高い
早稲田大学ならではでしょうか。
イッシーさんへ。
2022年06月02日 17:29
大学キャンパス内に、園児たちが
当り前のようにして、手を繋いで入れるのが
いいですね。大隈庭園内は、芝生の上を
自由に走り回ったり、のびのび遊ぶ園児たちの
声で賑やかでした。この自由度の高さは、
早稲田ならではと思います。演劇博物館、
館内の装飾がいいでしょう。撮影できる箇所が
少ないのは残念ですが、とても魅力的な建物ですね。
すーちんさんへ。
2022年06月02日 17:34
大学が、広く一般に開放されてるのは、
とてもいい事だと思います。それにしても、
大隈庭園の広い芝生で、園児たちが
のびのび遊んだり、走り回ったりする様子は
微笑ましいものでした。大隈重信さんも、
あの世でちょっと微笑んでいるかも。
こうした自由度の高さは、早稲田大学の
校風なのかも知れませんね。
信徳さんへ。
2022年06月02日 17:41
大隈庭園の大きなタイサンボクの花、
とてもよく目立ってました。それも、
割と最近剪定したんでしょうか、
かなり低い位置で咲いてたので、撮影には
大助かりです。季節の風物詩ですよね。
芝生の上では、園児たちが自由に
走り回ったり遊んだりできる大らかな雰囲気に、
この花はよくマッチしてると思いました。
フラバーバさんへ。
2022年06月02日 17:49
本当にそうですね。大隈庭園では、
芝生の上を園児らが自由に走り回ってました。
大隈邸の沓脱石で遊ぶ子供たちの姿は
平和そのものですが、あの世の大隈重信さんも、
これを見たら、思わず微笑んでしまうんじゃ
無いでしょうか。演劇博物館も入場無料。
自由度の高い校風を思わせました。
大隈邸の守衛詰所だった建物、外国の絵本に
出て来そうな可愛さでしょう。これも、
私のお気に入りの建物の一つです。
もこさんへ。
2022年06月02日 18:01
御親戚に、早稲田出身者が多かったんですね。
早稲田のキャンパスは、非常に自由度が
高いので、一般の人間でも十分楽しめるのが、
有難い点です。歴史ある大隈庭園は、
新緑の季節も、紅葉の季節も見応えがあって…。
それなのに、園児たちが自由に遊べたり
するのは、大学の懐の広さじゃ無いでしょうか。
大隈講堂、演劇博物館など、百年近く前の
レトロな建物にも魅力がありますね。
2022年06月02日 18:16
こんにちは!
早稲田の森ですね。大学のキャンパスが一般に公開されているのは嬉しいですね。
旧大隈邸守衛詰所は可愛いらしい建物ですね。いまは早稲田ベアが守衛さんなんですね。
大隈庭園は緑とサツキのピンクが綺麗な季節ですね。子どもたちも楽しそうに遊んでいてほほえましいです。
演劇博物館の天井漆喰細工が見事ですね。飽きずに見ていられます。
歴史を偲べる空間はいつまでも残っていて欲しいものです。
nobaraさんへ。
2022年06月02日 18:23
早稲田ベア、可愛いでしょう。
何となく早稲田の学風を思わせるようで、
微笑ましいものを感じますね。
微笑ましいといえば、大隈庭園の園児たち、
芝生を自由に走ったり、遊んだり、
平和な姿を見てると嬉しくなりますね。
自由度の高いこの大学ならではの光景かも
知れません。サツキはちょうど見頃。
タイサンボクの花が、低い所で咲いていてくれて、
とても助かりました。演劇博物館の建物も
魅力がいっぱい。このレトロ感は魅力いっぱいです。
基本的に、部屋の中は撮影禁止なんですが、
坪内逍遥記念館の天井だけは、多くの方から
撮影希望があったそうで、特別に許可されてました。
雰囲気が若々しいし、大学見学は楽しいですよ。
ふてもさんへ。
2022年06月02日 18:37
そう、緊急事態宣言下の外出できない時、
昔の写真を使った、キャンパス探訪の記事を
(「キャンパス早慶戦」)書きましたね。
実際には、早慶ともに足が遠のいていたので、
早く見学に行きたい気持ちでうずうずしてました。
大隈庭園の沓脱石は、庭園の風景を見渡す
一番いい場所にあるので、ベンチ代わりに利用
されてる事が多い気がします。もちろん、
園児たちのいい遊び場でもありますし…。
タイサンボクのきれいな花が、とても印象的でした。
カメさんへ。
2022年06月02日 18:45
早稲田のキャンパスは、自由度の高さ
という点では、都内でも屈指の存在でしょう。
大隈庭園は、授業のある日なら、いつでも
開放されてます。この日は、園児たちが
大勢で遊びに来ていて、とても微笑ましい
平和な光景が見られました。歴史ある大学の
懐の深さみたいなものが窺えますね。
秋月夕香さんへ。
2022年06月02日 20:06
大学のキャンパス巡りって、私は
大好きなんです。若い人が多い空間って、
何か活気があっていいですよね。
幾つになっても、学びの機会があるというのは、
嬉しいことのような気がします。
それに、歴史ある大学には、古い建物が
よく残ってるのも嬉しい点でしょう。
今から百年近く前に出来た演劇博物館ですが、
館内の装飾も見事なものだと思います。
天井の漆喰細工など、惚れ惚れするような
実にいい仕事ぶりですね。
のろばあさん
2022年06月02日 20:15
こんばんは。
旧大隈邸の沓脱石の立派さから邸宅の豪華さを想像してしまいます。タイサンボクの白いお花が見事ですね。演劇博物館の外観も素晴らしいですが坪内逍遥記念室の天井の漆喰細工の精緻なことにも驚きました。角帽を被った大隈重信象は後姿からもわかるほど有名ですね^^。明治35年建築の大隈邸守衛詰所も気が遠くなるほどの年月に耐えて現存しているのは立派ですね。
コスモスさんへ。
2022年06月02日 20:30
日々変化の激しい東京の街中にあって、
大学のキャンパスは、古い建物を
大事に残してるケースが多いので、本当に
魅力があります。早大のキャンパスには、
大隈庭園、大隈講堂など、創立者の
面影を偲ぶことのできる施設が多くあって、
歴史好きにも堪らないような気がしました。
カメラの被写体探しという点でも、
魅力的な素材が多いですね。
2022年06月02日 21:06
こんばんは!
大学の構内を歩けるって面白いですね、
思いつきもしませんでした。
最も地方の大学、わざわざ行くほどの物もないので (^o^)
での、こうやって見せていただくと、
雑誌の表紙でお馴染みの建物もあって、思わずニンマリです。
2022年06月02日 21:28
yasuhiko様

こんばんは♪
泰山木の花の季節になりましたか!?
近所の公園も咲いてるかな~(≧▽≦)ワクワク
坪内逍遥記念室の天井、素敵ですね~
シャンデリアの灯りの陰影がまた装飾を引き立てています
温かな陽ざしを浴びて、こんな素敵なところで過ごす
ちびっ子たちが羨ましいです
すずりん♪さんへ。
2022年06月02日 21:30
東京は、江戸の大名屋敷の跡地を
うまく生かして成り立ってる街なんですね。
この大隈庭園も、もとは大名屋敷と
その庭園。明治時代に、大隈重信が新しい
庭園に改装して、今に繋がってる訳です。
そうした歴史の面影を偲ぶのに、早大キャンパスは
とてもいい場所でした。そうですか。
大隈講堂にいらしたことがあるんですね。
私も学生の頃、学生演劇の公演を観に、何度か
訪れてますが、重要文化財にもなってる建物が、
現役で文化活動に使われているというのは、
大学らしいあり方じゃ無いでしょうか。
久しぶりのキャンパス訪問で、気分も若返りました。
2022年06月02日 21:50
私は早大キャンパスには入ったのとがないのでとても興味深く拝見しました。私の母校も広いですが、ここもかなりの広さですね。コロナ禍で入構制限している大学が多いですが、早大はオープンしていましたか。そして大隈重信は早大の創設者ですからやはり特別な存在なのですね。良いですね。ここでゆっくりと読書して過ごしたいものです。
にゃーちゃんへ。
2022年06月02日 21:54
有難うございます。早大キャンパス訪問、
9年振りだったとは、私も驚きです。
でも、そうした時の隔たりを全く感じないで
済むのが、伝統大学のいい点ですね。
今東京のどこかの町で、9年ぶりに訪れて、
変化を感じない所なんて、どこにも無いですから…。
大隈庭園も歴史的な建物も、早稲田ベアが
しっかり見守ってくれてるんでしょうか。
守衛詰所の建物も、いい状態で保存されてました。
サツキが見頃の大隈庭園。石橋下の水面に
木々や植込みの緑が映りこんで、
面白い効果を生んでいたように思います。
演劇博物館の漆喰装飾、何だか面白いでしょう。
私は奥さんが酉年なので、羊と鳥の図柄に
したのかなと睨んでるんですが、それに
触れた文章が無いので、今のところ保留案件です。
ekoさんへ。
2022年06月02日 22:11
東京の大学は、構内に博物館があったりして、
出入りできる所が割と多いんですが、
早大ほど自由でオープンな所は珍しいでしょう。
しかも、歴史を偲ばせる庭園や建物が
多く残ってる訳ですから、とても魅力的ですね。
守衛詰所なんか、外国の絵本から抜け出したような
可愛い建物で…。確かに、今は早稲田ベアが、
守衛代わりになってるのかも知れません。
大隈庭園では、園児たちがのびのびと走り遊ぶ、
平和で微笑ましい光景が見られました。
百年近い歴史を誇る演劇博物館の館内装飾や、
天井の漆喰装飾も、見応えがありますね。
2022年06月02日 22:27
こんばんは~
大隈庭園、立派な日本庭園ですね!
早稲田大学に大隈庭園と演劇博物館一般公開されてて素晴らしいです!
早稲田が人気があるのは、この様な優雅さでしょうか!
のろばあさんへ。
2022年06月02日 22:35
旧大隈邸の沓脱石、本当に立派ですね。
絵暗示たちが無邪気に遊ぶ姿を見て、
大隈重信さんも、空の上の方で、
思わず微笑んだんじゃ無いでしょうか。
立派な本邸は空襲で失われましたが、
守衛の詰所だった小さな洋風木造建築が、
今に至るまで残ったというのも、ちょっと
不思議な気がします。庭園のタイサンボク、
見事な花を咲かせてました。天井の
漆喰装飾が見事な演劇博物館など、とにかく
古いものを大切に残してるのは、
歴史ある大学のいいところじゃ無いでしょうか。
無名子さんへ。
2022年06月02日 22:43
東京の大学の場合、構内に博物館や
美術館があって、自由に出入りできる所が
けっこう多くあります。とはいっても、
早大ほど自由でオープンな大学は
珍しいかも知れませんね。園児たちが、大勢
遊びに来てるのは、ちょっとびっくりしました。
歴史的な建物が多く残るキャンパスは
見所がいっぱい。季節の花や紅葉が楽しめる
大隈庭園も魅力的ですね。
ゆのさんへ。
2022年06月02日 22:53
タイサンボクの花、見事でしょう。
もうそんな季節なのかと、私も驚きました。
普通、高い所で咲いてるため、撮影の
難しいこの花ですが、大隈庭園の花は
低い所で咲いてたので、とても助かった
ように思います。演劇博物館の天井漆喰装飾、
見事なものですね。こんな職人の手技が
見られるのも、歴史あるものを大切にする
大学なればこそじゃ無いでしょうか。
キャンパス訪問は、気分も若返る気がしますね。
降魔成道さんへ。
2022年06月02日 23:03
ほとんどの大学が、一時的に入校制限の
措置をとったと思いますが、早大は
現在、何の制限もなくキャンパスに入る
ことができます。久しぶりの大学訪問は、
気分も若返るようでした。創立者の
大隈重信さんは、今でも大切にされてることが
よく分かりますね。大隈邸の庭だった大隈庭園、
大隈邸守衛詰所の建物、彼の業績を記念する
大隈講堂など、早大キャンパスには、
彼と彼の生きた時代を偲ぶ歴史的な遺産が、
数多く大切に残されていました。
miyoさんへ。
2022年06月02日 23:10
早稲田大学のいいところは、自由で
オープンな精神。その伝統は、今も生きてると
思います。大隈庭園は、サツキの花と
木々の緑で輝くばかりでした。その歴史的な
庭園で、園児らが自由に走り遊ぶことが
できるんだから、大学の懐の深さを感じますね。
楽しそうな子供たちの姿を見て、空の上の
大隈重信さんも、思わず微笑んでるかも知れません。
2022年06月02日 23:26
こんばんは~
有名な大学の手入れの行き届いたお庭で
のびのび遊べる園児さんはラッキーですね。
大隈重信・坪内逍遥・シェイクスピア・村上春樹・・
知っている名前がズラリと、建物もゆっくり楽しめますね。
大輪のタイサンボクの花が綺麗ですね。
2022年06月02日 23:59
大学のキャンパスが解放されているという事は
素晴らしいですね。
大隈庭園は緑とサツキの赤が美しいです。
子供たちの遊ぶ姿も微笑ましく、何となく
早稲田だよなぁ、と感じるのは私だけでしょうか。
 泰山木の花も見惚れる程、きれいですねぇ。
そうか、今咲いているのだなぁと季節を感じました。
 演劇博物館は、坪内逍遥の「シェイクスピア全集の完訳」記念とか
凄いですね。えっ一冊も読んでいないな、と改めて
不勉強を実感しました。
 キャンパス開放とは言えなかなか行けない場所
紹介していただきありがとうございました。(^^♪
つむぎさんへ。
2022年06月03日 00:05
本当に、これだけ手入れの行き届いた
日本庭園で遊べる園児たちは、珍しいんじゃ
無いでしょうか。「早稲田の庭でいつも遊んでたよ」
なんて、大きくなってからも、自慢できる
かも知れませんね。早大キャンパスは、
長い歴史にふさわしく、多くの文化施設や、
歴史的遺構に恵まれてます。歴史散歩という
意味でも、楽しいキャンパス訪問になりました。
大隈庭園のタイサンボクの花、見事だと思います。
ミキさんへ。
2022年06月03日 07:26
そうですね。構内見学できる大学は
少なくないですけど、早大ほど、自由で
オープンな大学は珍しいかも知れません。
サツキと樹々の緑が美しい大隈庭園が
一般に開放されてるのは、嬉しい事ですね。
のびのび遊ぶ園児らの姿も可愛らしくて、
あの世の大隈重信さんも、思わず
微笑んでらっしゃるんじゃ無いでしょうか。
タイサンボクの花、こんなに見事な花に
出合えたのは嬉しい気がしました。
シェイクスピアの時代の劇場を模した
演劇博物館も、とても魅力的な建物ですね。
変化の激しい東京の街中で、昔の面影を残す
空間が残っているのは、貴重なことだと思います。
2022年06月03日 10:57
こんにちわ
早稲田大学には入ったことがありませんが、大隅庭園は緑濃い樹々とサツキなどに囲まれた美しい芝生…子供達をノビノビと遊ばせるのにも最適な場所ですね。
大学には整備された庭や由緒ある建物などがあり、公園や植物園、博物館などとともに街歩きの楽しみですね。
テーマ「大学」で記事を検索したら大学巡りができ、過去の記事とともにコメントにも再会できてこれもブログの楽しいところですね。
ハルさんへ。
2022年06月03日 15:00
大隈庭園はちょうどサツキの見頃。
木々の緑と調和して、日本庭園らしい
趣を見せてくれました。この庭の芝生で、
思い切り走ったり、遊んだりできる
園児らは幸せですね。仰るように、
歴史ある大学のキャンパスは、古い建物や、
魅力的な施設を持ってる場合が多いので、
とてもいい散歩の対象になります。
ここしばらく足が遠のいていただけに、
久しぶりの大学訪問は、身も心も若返る
ような喜びを感じました。
2022年06月03日 16:28
こんにちわ^@^

早稲田へ・・・  5月の花のきれいな季節に母校を歩く 
思い付きがいいですね  
大熊庭園には小さな子供さんの姿がかわいいです
意外と学内は変わっていないんですね
学生さんの様式はとてつもなく変わっているようですが
学食は利用されましたか~
こちらもずいぶんと変わっています・・・
聞いてしまいました
2022年06月03日 17:41
こんにちは。
早稲田大隈講堂の近くまでは行ったことありますが、庭園には入っていません
園児が石の上に乗って遊んでいる写真とても良いですね。
タイサンボクの大きな花素敵ですね。
演劇博物館の外見、桟敷風でユニークな建物ですね。
「この世はすべて舞台」の台詞、本当にそうですね。
漆喰細工の装飾も見事な職人技ですね。
2022年06月03日 18:24
こんばんは!
息子が長い間(?)お世話になった早稲田大学の
日本庭園は手入れも行き届いて、自由に
出入りできるところがステキですね~☆
私はこの庭園に行ったことはありませんが・・・
いつか行ってみたいなぁ~と思いました。
村上春樹のライブラリーも気になっています。
学風がおおらかで自由なので、わがままな息子にも
合っていたのだろうと思っています。
2022年06月03日 18:49
こんにちは

未来のノーベル賞を予定して
新しい記念館も準備完了ですね
グランドマザーさんへ。
2022年06月03日 21:37
実は、早大のOBじゃ無いんです。
大学のキャンパス巡りは、私の趣味みたいな
ものでして、これまでにも、早稲田、慶応、
東大、一橋、立教、東京芸大など、
歴史ある学校を色々訪問をして来ました。
変化の激しい東京の街中で、大学キャンパスほど、
古いものをよく残してる所は他に無いと思います。
それにしても、早大ほど自由でオープンな
大学は珍しいですね。大隈庭園でのびのび
遊べる園児らは、幸せじゃ無いでしょうか。
ロシアンブルーさんへ。
2022年06月03日 21:46
有難うございます。大隈庭園の芝生で
遊ぶ園児たち、とても生き生きして見えました。
沓脱石に登ろうとしている姿を見たら、
大隈重信もあの世で微笑んでしまうかも。
今はちょうどサツキの花の見頃ですが、
傍らで咲くタイサンボクの花も見事なものですね。
演劇博物館は、劇場を模した建物そのものにも
魅力があります。館内の落ち着いた雰囲気、
天井の漆喰装飾など、見所もいっぱいでした。
komichiさんへ。
2022年06月03日 22:04
そうでしたか。私も、仕事の関係で、
早稲田出身の方とはお付き合いするケースが
多かったんですが、やっぱり、皆さんに
共通する学生気質のようなものを
肌で感じることが、しばしばありました。
大隈庭園も、演劇博物館も無料。大隈講堂は
学生演劇に使えるし、こうしたオープンな精神が、
卒業してからも影響を与えてるんでしょう。
大隈庭園はとてもいい日本庭園です。
桜や新緑の季節の他、秋の紅葉も見事ですから、
今度ぜひ一度お出かけ下さい。
2022年06月03日 22:12
約100年前の歴史ある建物や庭園を身近に感じて青春時代を過ごせるなんて、素敵です。
都内はこういう学校が多いのでしょうか?
私は芸大祭には行って見たいとずっと思っていますが、今年はどうでしょうね?
無門さんへ。
2022年06月03日 22:13
村上春樹のファンにとっては、
聖地のような存在かも知れませんね。
何も変わらないキャンパス内にあって、
この図書館の存在は、ひと際
新鮮な息吹を感じさせてくれるようでした。
コマダムさんへ。
2022年06月03日 22:34
大隈庭園、大隈講堂、演劇博物館など、
早大のキャンパスは魅力がいっぱい。
これだけ歴史を感じさせるものが、
まとまって残ってるのはさすがだと思います。
でも、伝統大学のキャンパスは、割と
どこも古いものを大切にしてるので、
私のようなレトロ好きには堪えられなくて…。
東京芸大祭、以前の規模で実施できるといいですね。
とわ
2022年06月04日 06:04
おはようございます♪
敷地が広いですね。どれだけの富があったのかと改めて感じますが、都心でありながら、緑も多くあって、のびのび勉強が出来そうです.
大学の敷地内でも、解放してるのかな、近くの方はぜったいに行きますね。
マスコットベア、かわいいですね。お爺ちゃんっぽい?(笑)
余談ですが…従妹が私ら(私と姉と)と違い勉強が出来て、〇〇か早稲田かという選択、結局は早稲田に。私らは驚くばかりだったというオチです~。
当時の建築物って、和洋折衷というか、モダンで素敵ですね。アーチを取り入れたり、照明も凄くかわいいですね。
2022年06月04日 09:39
高田馬場まで遠征のレポですね。
東京は、先の大戦で、アメ公の非道な仕業で、無差別の空襲を受けて
殆ど焼け野原の中、こちらの1927(昭2)年完成の講堂や1928(昭3)年の演劇博物館や旧大隈邸守衛詰所(明治35年)と、かなり貴重な
建物が残っているんですね。嬉しい限りです。
東京大空襲・原爆投下で、すっかり占領され、そして植民地化とされた日本国。
現在はそれを踏襲して?ウクライナ占領を目論むプーチン大統領が
現れる位ですから、歴史は繰り返されるのか??と。
とわさんへ。
2022年06月04日 11:47
大隈重信が、自宅周辺の土地を買収して、
東京専門学校(早稲田大学の前身)を開いた頃は、
まだ小規模な学校だったんでしょうけど、
今では広い敷地を誇るマンモス大学。
大隈邸の跡地も庭園も、大学キャンパスに
すっかり取り込まれてしまいました。
それにしても、園児たちがその庭園で、自由に
走り回ってるなんて、さすがは早稲田。
その自由でオープンな精神は、この大学の
大きな特徴だと思います。お話の従姉妹さんも、
のびのび4年間を過ごされたんじゃ無いでしょうか。
演劇博物館の館内は、確かに、照明も
天上の漆喰装飾も、レトロな意匠に溢れていて、
遠い過去にタイムスリップしたようですね。
2022年06月04日 11:53
たまには建物探訪も良いですね。
何でも前知識を持っておくと、お同じ見学とはいえ全く違うのを、
yasuhikoさんの解説を読みながら感じています。
キャンパスが解放されているのは有難いですね。
広くて緑も多く、学問だけでなく関西からも入学希望者が多いのに
納得がいく気がします。
温さんへ。
2022年06月04日 12:02
日々変化の激しい東京の街中で、
歴史的な建物や施設を、当初の位置に
残してる大学キャンパスは、レトロ好きには
堪らない空間です。コロナ禍の時代に
なるまで、そうした大学キャンパス巡りは、
私の楽しみの一つだったんですが、
それも出来なくなって…。ですから、久しぶりの
大学訪問は、ワクワクする気持ちでいっぱいでした。
かつての大隈邸と庭園は、戦争末期の空襲で
焼けてしまいましたが(庭園は後に復元)、
大隈邸の守衛詰所だったごく小さい木造洋館が、
唯一残ったというのも不思議な話ですね。
大隈講堂、演劇博物館は、残ってよかったと思います。
つばささんへ。
2022年06月04日 12:19
歴史的な建物や施設を、当初の位置に
残してる大学キャンパスは、レトロ好きには
堪らない空間です。久しぶりに
キャンパス訪問が実現して、満たされた思いで
いっぱいでした。でも、そんなに始めから、
よく調べてる訳じゃ無くて、何回か訪れてる内に、
見落としていたことに、少しずつ気付いて行く
という感じでしょうか。大隈庭園の沓脱石も、
最初は何の石なのかかよく分からず、
後で調べて、初めて理解したような次第です。
大学訪問は、気分も若返るからいいですね。
2022年06月04日 14:22
一枚目のお写真。空を見上げるような気持ちになれました。
マスコットキャラの早稲田ベア、可愛いですね。
園児たちの遊ぶ姿にほっこりしました。
天井の装飾にうっとり、見惚れます。一度、訪ねてみたいです。
「この世はすべて舞台」という台詞。知らなかったのでメモしました^^
2022年06月04日 15:18
稲田大学の大学のシンボル大隈講堂は立派ですね!
庭園では、お子さん達が遊んで微笑ましい光景ですね。
出窓にマスコットキャラの早稲田ベア、貫禄ありますね(笑
大きなタイサンボクが一際目立って、
大隈重信さんの後ろ姿が偉大さを物語ってます。
2022年06月04日 15:51
素晴らしいですね
漆喰細工にうっとり。
乙女建築です

村上春樹ライブラリーはぜひ行ってみたいと
おもっていました。
ワセダベアグッツも可愛いですよね♫
クリムさんへ。
2022年06月04日 16:18
大隈講堂の時計塔の高さは38m。
構内のどこからでもよく見えるこの塔は、
キャンパスのシンボルにふさわしい姿ですね。
可愛い早稲田ベア、今は学校の守衛さんの
代わりでしょうか。だれでも自由に入れる
構内ですが、園児たちが広い芝生で、
のびのび遊び回ってるのには、目を見張りました。
こんな平和な風景が見られるのも、
自由でオープンな体質の早稲田ならではでしょうか。
演劇博物館の天井の漆喰装飾も見事ですね。
ロコさんへ。
2022年06月04日 16:27
大隈講堂、本当にいい建物ですね。
ただ保存するのでなく、今でも学生演劇
などの文化活動に使用しているのは、
素晴らしいことだと思います。
キャンパスの建物を自由に見学できるのも、
有難いと思いました。大隈庭園で遊ぶ
園児らの姿は平和そのもの。大隈重信さんも、
あの世できっと微笑んでらっしゃるでしょう。
サツキと木々の緑の美しい大隈庭園。
タイサンボクの花の見事さも目を惹きますね。
kikoさんへ。
2022年06月04日 16:37
百年近く前に建てられた演劇博物館ですが、
少しも古びた印象の無いのがいいですね。
坪内逍遥記念室の天井の漆喰装飾など、
惚れ惚れするような出来栄えです。
一方で、隈研吾がリノベーションを担当した、
村上春樹ライブラリーが新しく誕生したり…。
やっぱり、大学は文化を大切にする
所なんだと、改めて思いました。
2022年06月04日 16:39
早稲田のシンボル、大隈講堂は、立派ですね。早稲田はおおくまから熊のキャラクターなのですね。
 旧大隈邸守衛詰所、小さい建物ですが、雰囲気のある建物だと思います。
 演劇博物館、ハーフティンバーの建物、て内部もレトロ感が有りますね。
 そちらは、梅雨入りが近そうですが、きっと、過ごしやすい季節に思えます。
藍上雄さんへ。
2022年06月04日 17:13
ブログ復活されたんですね。よかった。
またすぐ伺いたいと思います。
早稲田キャンパスには、大隈講堂や、
大隈邸守衛詰所、演劇博物館など、歴史ある
魅力的な建物がいっぱいで、レトロ好きな
私としては、堪らないものがあります。
久しぶりの大学訪問は、気分も若やぐようでした。
この守衛詰所は、簡素な木造建築ながら、
洋風建築のエッセンスがたくさん詰まっていて、
見るものを飽きさせません。なるほど、
早稲田ベアは、大隈さん繋がりなんでしょうね。
tami
2022年06月04日 20:14
こんばんは。
後世に残る建物が特に必要があったのではなく貢献した人物を記念してなんですね。
寄付が集まるのでしょうか。
早稲田出身の俳優が多いのも頷けます。
都心にこんな庭園があって案外東京には大きな庭園公園があるものだと思います。
大名庭園のおかげかな。
tamiさんへ。
2022年06月04日 21:19
そうですね。大隈重信や坪内逍遥の
業績を記念してといえば、寄付を募りやすい
という側面があったかも知れませんね。
とはいえ、大隈講堂は記念式典の他にも、
演劇、ライブ、コンサートなどの予定が目白押し。
重要文化財の建物で、こんなに現役で
活躍してる建物は、他に無いんじゃないでしょうか。
演劇博物館も、日本で唯一の演劇関係の
専門施設として、関係者の間では知られています。
「演劇の早稲田」の伝統は、こんなところから
作られたのかも。その一方で、大隈庭園は
もとを辿れば大名庭園。東京の街は、やっぱり、
江戸の遺産の上に成り立ってるようです。
2022年06月04日 21:37
久しぶりの建物訪問、ワクワクしますね。だんだんこういったことが前と同じようにできたらいいですね。
早稲田大学には高校生の頃学際を訪れただけで縁のない場所でした^^;大隈庭園もあるのですね。広々として気持ちいい庭園ですね。演劇博物館も素晴らしいですね。学内にある建物なのですか?坪内逍遥記念室も素敵ですね。
かるきちさんへ。
2022年06月04日 22:04
歴史ある建物が多く残る大学
キャンパスは、レトロ好きの私にとっては、
宝の山です。ようやく、その大学訪問が
できるようになったのかと思うと、
嬉しいというか、ちょっとした感慨がありました。
大隈庭園は、サツキの花と木々の緑が
とてもきれいです。その庭園で無邪気に遊ぶ
園児らの姿は、平和で心温まるものがありますね。
演劇博物館は、外観も内装も見所がいっぱい。
久しぶりにいいものを見た気がしました。
2022年06月05日 11:19
素敵な庭園ですね。
大隅さんが庭園を小川と芝生に一部改装して作られ多様ですね。
その庭園を、皆さんが楽しんでいる・・素敵なことですね。
歴史の空間で過ごすことはとても素敵なことだと思います。

何時もコメントありがとうございます。
夕焼けさんへ。
2022年06月05日 13:49
大隈庭園はちょうどサツキが見頃で、
木々の緑と調和した姿を見せてくれました。
もとは池泉回遊式の大名庭園だった庭を、
大隈重信が本邸を当地に移した時に、
芝生と小川のある明治風庭園に改造したそうです。
広い芝生は気持ちがいいので、遊びに来た
園児らが楽しそうに走り回ってました。
この光景を見たら、あの世の大隈重信さんも、
思わず微笑んでしまうかも知れませんね。
2022年06月05日 15:44
庭園で遊ぶ子供たち 見てるだけでこちらも幸せになります
タイサンボク 見事です
坪内逍遥の記念室の天井 ホント 見とれちゃいます
空気もシーンとして落ち着きますね
9年ぶりの訪問なのにあまり変化がないというのは素敵な事ですね
変わらない事というのも大事な事だと思います
ルーシーママさんへ。
2022年06月05日 17:19
よかったですね。お元気のようで何よりです。
大隈庭園の広い芝生で遊ぶ子供たち、
何だかとても楽しそうで心が和みました。
タイサンボクの白い花も、こういう低い所で
咲いててくれると有り難いですね。
演劇博物館の館内は、大変シックな造りで、
天井の漆喰装飾がひときわ印象的でした。
日々移り変わりの激しい東京の街中で、
古いものを大切にする、変わらない空間が
あるのは、本当に貴重な事だと思います。
2022年06月05日 21:44
この大学は、現役時代に落とされたいやな思い出のあるところですが(笑)、館内の博物館にはいいものがあると聞いています。
演劇の博物館は、全国的にもめずらしいのじゃないでしょうか?
村上春樹さんの文学館が出来ると聞きましたが、まだ出来ていませんでしたでしょうか?
家ニスタさんへ。
2022年06月05日 22:54
そうでしたか、そういう思い出が…。
「エンパク」の名で知られる演劇博物館は、
日本で唯一の専門博物館です。内容は
演劇の枠に留まらず、古典芸能や、
映画を含め、演劇・映像関係の収集資料が
約100万件。建物自体も魅力的ですし、
見学無料という点も有り難いと思いました。
記事の一番最後にも書きましたけど、
村上春樹ライブラリーはもう開館してますよ。
2022年06月06日 16:50
yasuhikoさん、こんにちは~

天国で大隅さんが笑っていらっしゃいましたよ・・
と、想像しています。
コメントありがとうございました。
夕焼けさんへ。
2022年06月06日 17:59
再度のお越し、有難うございます。
大隈重信さん、ちょうどドローンの映像のように、
高い空の上から大学の今の様子を眺めて、
満足されてるんじゃ無いでしょうか。
yoshi
2022年06月07日 17:07
yasuhiko さん。こんにちは。 大隅庭園、演劇博物館、素敵な場所ですね。
地方では、これだけの設備や、館は見られませんね。入り口の早稲田ベア
いいアクセントになってますね。令和の時代まで、よく保存され、当時の
生活が、思い浮かべる様です。
博物館の中に入って、実際の調度品や雰囲気を<味わって見たいものです。
yoshiさんへ。
2022年06月07日 21:15
日々変化の激しい東京の街中ですが、
歴史ある大学のキャンパスは、
開発競争などとは無縁で、文化財を
大切に残してくれるのが嬉しい点ですね。
早稲田ベアが、守衛さん代わり(?)を
してくれてるからでしょうか、
大隈庭園も演劇博物館も、いい状態で
保たれてました。早稲田大のキャンパスは、
非常にオープンな所ですので、もし
何かの機会があったら、お立ち寄りください。